酒米です!

長野原はすっかり秋風の吹く季節になりま  した。

秋と言えば収穫の秋!新米の季節です!

地産地消にこだわったお酒「やんばの風」のための酒米

「改良信交」の稲刈りが昨日今日と行われています。

この稲がまさしく「改良信交」です。

長野原の地で長野原の水で育ったこの酒米を使い、

これからいよいよ新酒が生まれていきます!

せっかくなので店内にも「改良信交」を持ってきました!

お酒が美味しい季節がやってきます。

楽しみですね!


今期の酒造りも残すところあとわずか。

本日の作業は、仕込みのスタートである「酛(もと)立て」です。

 

酒造りの中で酒質を決める大きな要素である酵母菌を増殖させるためには、

健全な「酛(もと・酒母)」の管理が必要となります。

その「酛」の仕込みを「酛立て」と呼び、この温度を目標の温度に

仕込むことが健全な「酛」を作るためのポイントです。

今回はほぼ目標通りの仕込みになりました。

 


恒例の雛飾り

今年もまたこの季節がやってきました。

階段下がとりわけ華やかになるこの季節!

そう雛飾りです!(^O^)

飾るのにほぼ一日をかけて、担当が見事に飾りあげました!

写真撮影ももちろんOKです。

是非見に来て下さいねm(__)m